映画Z  「キネマ旬報」(キネマ旬報社)@


キネマ旬報 1961年
12月増刊 No.300

キネマ旬報 1964年
4月下旬号 No.364

キネマ旬報 1965年
3月下旬号 No.387

キネマ旬報 1965年
11月上旬号 No.402

キネマ旬報 1966年
7月上旬 夏の特別号 No.418

キネマ旬報 1968年
9月上旬号 No.477

キネマ旬報 1971年
12月上旬号 No.567

キネマ旬報 1972年
8月上旬号 No.584

キネマ旬報 1973年
1月下旬 正月特別号 No.597

キネマ旬報 1974年
1月上旬 新年特別号 No.622

キネマ旬報 1975年
1月下旬 正月特別号 No.649

キネマ旬報 1976年
1月下旬 正月特別号 No.675

キネマ旬報 1977年
1月上旬 新年特別号 No.699

キネマ旬報 1978年
1月上旬 新年特別号 No.725

キネマ旬報 1979年
1月上旬 新年特別号 No.751

キネマ旬報 1979年
11月下旬号 No.774


「キネマ旬報」の状態の表記
 A 若干のヨゴレやヤケ・シミがあるが、新品に近い本   B ヤケ・シミ・ヨゴレが多少ある古本という感じの本   C ヤケ・シミ・ヨゴレ・イタミがあり、古本らしい古本 


書名 発行年/通巻NO. 特集/主な内容 シナリオ/分析シナリオ(分析採録) 定価 状態 販売価格
キネマ旬報 1961年 12月増刊
No.300
シナリオ名作読本 充たされた生活 妻の座
三人の外科医 しわんつ
祇園の暗殺者 刑務所の大将
夜と霧(コンティニュイティ)
180 C 品切れ
キネマ旬報 1964年 4月下旬号
No.364
イタリア映画64年の素顔 喜劇 陽気な未亡人 200 C 500
キネマ旬報 1965年 3月下旬号
No.387
独立プロ その現実と大企業との関係
「怪談」製作白書序説 若槻繁
「砂の女」決算報告書 大野忠
「鬼婆」製作の記録 絲屋寿雄
けものみち 250 C 700
キネマ旬報 1965年 11月上旬号
No.402
世界の映画特集
新時代に入ったアメリカ映画
第2回
アメリカ映画の代表監督35人
人と作品
アニメーション 世界と日本
アニメーション・フェスティバル'65から
久里洋二
父と娘の歌 250 C 500
キネマ旬報 1966年 7月上旬
夏の特別号 No.418
日本映画革新の機熟す
映画経営者への公開状 双葉十三郎
日本映画監督名鑑
世界の映画作家・名言集
岡田晋 長崎一編
愛の手紙は幾歳月
オセロ
350 C 700
キネマ旬報 1968年 9月上旬号
No.477
映画批評の姿勢を正す
笠原良三 舛田利雄
トニー・リチャードソンと
「遙かなる戦場」
天下一の剣豪 250 C 500
キネマ旬報 1971年 12月上旬号
No.567
「屋根の上のバイオリン弾き」
をめぐってのミュージカル映画論
野口久光 中村哮夫 双葉十三郎 水野和夫
セックス・ライダー
濡れたハイウェイ
280 C 500
キネマ旬報 1972年 8月上旬号
No.584
「007/ロシアより愛をこめて」に
アクション映画の原点が
1972年上半期(1〜6月)
日本映画封切表 外国映画封切表
夏の妹 300 C 品切れ
キネマ旬報 1973年 1月下旬
正月特別号 No.597
特別座談会
ヨーロッパの映画状況と
日本の映画状況
大島渚 柴田駿 川喜多和子 白井佳夫
フォロー・ミー 激突! 300 C 500
キネマ旬報 1973年 3月下旬号
No.
汎アジア幻視行・風信 その@ 竹中労
72年度キネマ旬報ベスト10
表彰式のレポート 西村雄一郎
ビリー・ホリデイ物語
110番街交差点
300 C 500
キネマ旬報 1973年 4月下旬号
No.603
ジョン・ヒューストンが
「ロイ・ビーン」で表現したもの
金坂健二 渡辺武信 石上三登志
小野耕世 宇田川幸洋 白井佳夫
ロイ・ビーン ふたり 300 C 500
キネマ旬報 1973年 5月上旬号
No.604
劇団「同棲世代」は映画から生まれた
小野耕世
1972年度アカデミー賞詳報
日野康一
陽は沈み陽は昇る
バタフライはフリー
300 C 500
キネマ旬報 1973年 6月下旬号
No.607
「ラストタンゴ・イン・パリ」
「メカニック」とユナイト映画研究
双葉十三郎 南俊子 小野耕世
今野雄二 黒井和夫 白井佳夫
メカニック
ラストタンゴ・イン・パリ
300 C 500
キネマ旬報 1973年 10月下旬号
No.616
いま何が終り何が始まろうと
しているのか? 五木寛之 大島渚
心 赤い仔馬 330 C 700
キネマ旬報 1973年 11月上旬号
No.617
「ジーザス・クライスト
スーパースター」を語る
今野雄二 白井佳夫
いま何が終り何が始まろうと
しているのか?
そのA 五木寛之 大島渚
ジーザス・クライスト
スーパースター
日本俠花伝
330 C 700
キネマ旬報 1974年 1月上旬
新年特別号 No.622
「ダラスの熱い日」
トランボの現代アメリカへの銃撃!
井上一夫 河原畑寧 河野基比古
小野耕世 白井佳夫
ダラスの熱い日
男はつらいよ 私の寅さん
380 C 800
キネマ旬報 1974年 2月下旬号
No.625
コスタ=ガブラス監督と「戒厳令」
田山力哉
映画「戒厳令」と中南米の
政治的な背景 山田和夫
アドルフ・ヒトラーと
映像表現をめぐって
江藤文夫 佐々木基一
コーザ・ノストラ ライムライト 400 C 700
キネマ旬報 1974年 4月下旬号
No.629
「暗黒街のふたり」の
魅力を形作る三人
池波正太郎 早乙女貢 田山力哉
南俊子 白井佳夫

ルイス・ブニュエルという作家
宇田川幸洋
暗黒街のふたり
ブルジョワジーの秘かな愉しみ
400 C 700
キネマ旬報 1974年 6月上旬号
No.633
「ペイネ 愛の世界旅行」が描いた
幻想的なトリップ
串田孫一 やなせ・たかし 小野耕世
河原晶子 白井佳夫

トリュフォ「アメリカの夜」を語る
田山力哉
ペイネ 愛の世界旅行
アメリカの夜
400 C 700
キネマ旬報 1974年 9月上旬号
No.639
「アメリカン・グラフィティ」に描かれた
ある時代の青春のフィーリング…
片岡義男 今野雄二 小野耕世
斎藤忠直 白井佳夫
アメリカン・グラフィティ
わが道
400 C 500
キネマ旬報 1974年 9月下旬号
No.640
バーブラ・ストライサンド
「またまたおかしな大追跡」
そして ピーター・イエーツ
和田誠 河野基比古 小野耕世 白井佳夫
またまたおかしな大追跡
ひとかけらの愛情
400 C 500
キネマ旬報 1974年 12月上旬号
No.645
「個人生活」特集1
「個人生活」と現代の愛の不安
渡辺祥子
特集2

クリージーの幻影と男の自己愛
福岡翼
特集3
P・G=ドフェールの悔恨と追憶
田山力哉
個人生活
サンダカンハ番娼館
400 C 500
キネマ旬報 1975年 1月下旬
正月特別号 No.649
フェルナンド・アラバール
映画と日本を語る 大久保賢一 訳・編
川島雄三という映画監督は
我我にとって何であったのか
藤本義一 長部日出雄
ボルサリーノ2
ドラゴンへの道
400 B 600
キネマ旬報 1975年 3月上旬号
No.652
「処女の生血」
スーパーフリークの造形 金坂健二
「ジャガーノート」はリチャード・レスター
の本格的ヒーロー論映画なのだ
石上三登志
「ルシアンの青春」の”回顧”とは
飯島正
処女の生血 ジャガーノート 400 C 品切れ
キネマ旬報 1975年 3月下旬号
No.653
インド国際映画祭審査員の記
きみたちの姿がどうしても
よく見えないんだから
大島渚
今年こそ鈴木清順監督に
映画を撮ってもらうために!
木村威夫
わが師・南部僑一郎の死(上)
竹中労
キッド
チャップリンのゴルフ狂時代
チャイナタウン
400 C 800
キネマ旬報 1975年 4月上旬
春の特別号 No.654
アラン・レネ監督に聞く
「薔薇のスタビスキー」と私の主題
白井佳夫編
「仁義なき戦い」論
ヤクザ映画は悲しい映画である
大島渚
わが師・南部僑一郎の死(中)
竹中労
フロント・ページ
薔薇のスタビスキー
500 C 600
キネマ旬報 1975年 4月下旬号
No.655
川島雄三について語るには
時間が何時間あっても足りない
藤本義一 殿山泰司
わが師・南部僑一郎の死(下)
竹中労
ロンゲスト・ヤード
ヤコペッティの大残酷
400 B 500
キネマ旬報 1975年 5月上旬号
No.656
「オリエント急行殺人事件」のもつ
本格的推理映画の魅力とは?
都筑道夫 小林信彦 石上三登志
「ガルシアの首」その1

「ガルシアの首」の冷えた静けさ
川本三郎
その2

我々にとって「ガルシアの首」とは?
白井佳夫
オリエント急行殺人事件
ガルシアの首
400 B 品切れ
キネマ旬報 1975年 5月下旬号
No.657
黒沢明監督にソビエトで
「デルス・ウザーラ」について聞く
白井佳夫
1974年度アカデミー賞授賞式報告
原田真一
タワーリング インフェルノ
暴動島根刑務所
400 C 500
キネマ旬報 1975年 6月上旬号
No.658
「砂のミラージュ」特集その1
「砂のミラージュ」の幻想的イメージ
佐藤忠男
その2

時間の砂漠からの出路を求めて
松田政男
映画「吾輩は猫である」は苦沙弥先生
を中心にした人間のドラマだ
市川崑 仲代達矢 伊丹十三 岡崎宏三
西岡義信 司会・吉田成己
砂のミラージュ
吾輩は猫である
400 C 品切れ
キネマ旬報 1975年 6月下旬号
No.660
「アフリカの光」とは漂泊の若者の
ギラギラと光る夢の象徴だ
丸山健二 神代辰巳 萩原健一
姫田真左久 岡田裕 司会・酒井良雄

映像表現のクロゴ
シナリオ作家の言葉 富岡多恵子
カンヌ映画祭レポート・1 田山力哉
チャップリンのサーカス
チャップリンの兵隊さん
桜の森の満開の下
400 B 800
キネマ旬報 1975年 7月上旬
夏の特別号 No.661
ベトナム戦争がアメリカ映画を変えた…
山田和夫
カンヌ映画祭レポート2

「田園に死す」の反響と巨匠たちの作品
田山力哉
星の王子さま
新幹線大爆破
500 B 品切れ
キネマ旬報 1975年 8月下旬号
No.664
「デルス・ウザーラ」特集1
新しい黒沢明監督の出発
品田雄吉
特集2

壮大な風景の中に実在した
魅力的な人間像 佐藤忠男
フレンチ・コネクション2
男はつらいよ
寅次郎相合い傘
400 B 800
キネマ旬報 1975年 9月上旬号
No.665
「動脈列島」に賭けたサスペンス・
ドラマの可能性とは?
増村保造 白坂依志夫 藤井浩明 田宮二郎
近藤正臣 梶芽衣子 山田順彦
ビアンコ・エ・ネーロ欧米映画の旅1

今度の旅では何を見て
誰に会ったのか?
白井佳夫 黒井和男
インモラル物語 動脈列島 400 B 500
キネマ旬報 1975年 10月上旬
秋の特別号 No.667
「七人の侍」特集1
時代劇映画の系譜による
「七人の侍」の特異性 西脇英夫
特集2

「七人の侍」の黒沢明の映像主義
を支えるもの 白井佳夫
特集3

黒沢映画は私の青春に
差し込んだ陽射し
笠原和夫
特集4

「七人の侍」が我々に残した教訓とは?
原一民
JAWS(ジョーズ)
七人の侍
500 B 品切れ
キネマ旬報 1976年 1月下旬
正月特別号 No.675
「追想」男が戦いとった美しく
素晴らしい”思い出” 石上三登志
「夕なぎ」の愛のドラマを彩る三人の俳優
河野基比古
「逢いびき」三つの偶然の見事な写実性
南部圭之助
「危険なめぐり逢い」孤独な少年の夢
川本三郎
追想 危険なめぐり逢い 400 B 700
キネマ旬報 1976年 2月上旬号
No.676
「変奏曲」論は日本映画論につながる
問題を内包している…
浅井慎平 伊丹十三 佐藤利明
矢崎泰久 白井佳夫

ニュー・シネマの退廃とパロディ化の時代
金坂健二
華麗なるヒコーキ野郎
変奏曲
400 B 800
キネマ旬報 1976年 2月下旬
決算特別号 No.677
1975年度ベスト・テンと
キネマ旬報賞発表
日本映画年間公開作品一覧表
外国映画年間公開作品一覧表
TVムービー年間公開作品一覧表
劇場未公開映画TV放映一覧表
キネマ旬報年間掲載記事総索引
ラッキー・レディ 650 B 2000
キネマ旬報 1976年 3月上旬号
No.678
「愛のコリーダ」で大島渚が
描こうとしているものは何か?
五木寛之 大島渚 竹中労
映画史の鼓動を伝える映像の証言
山田和夫
O嬢の物語
グレートハンティング
400 B 700
キネマ旬報 1976年 4月上旬
春の特別号 No.680
映画・わが愛
フランソワ・トリュフォ 山田宏一訳・編
「噫活弁大写真」のサイレント時代劇
「雄呂血」「瞼の母」はなぜ面白いのか?
池波正太郎 稲垣浩 竹中労 松田春翠
アデルの恋の物語
雄呂血 瞼の母
500 B 800
キネマ旬報 1976年 5月上旬号
No.682
「風とライオン」とニュー・ハリウッド派
と若いアメリカ映画
木村威夫 松田政男 河野基比古
小野耕世 白井佳夫

1975年度アカデミー授賞式の
現地からのレポート 原田真人
風とライオン
さすらいの二人
400 B 800
キネマ旬報 1976年 5月下旬号
No.683
「ハッスル」刑事と情婦のおとなの世界
小野耕世
「グリニッチ・ビレッジの青春」の真情
あふるる若者群像 品田雄吉
ハッスル
グリニッチ・ビレッジの青春
400 B 700
キネマ旬報 1976年 6月上旬号
No.684
「ベンジー」動物を愛する人たちに
捧げられた幸福の映画 原田真人
フランシス・レイ映画音楽の秘密を語る
西村雄一郎
ベンジー
エリックの青春
400 B 品切れ
キネマ旬報 1976年 6月下旬号
No.685
「ミッドウェイ」は日米間の戦争スペク
タクルをいかなる視点で描いたか?
阿川弘之 三船敏郎 吉田俊雄
黒井和男 白井佳夫

「彫る、棟方志功の世界」の面白さ
佐藤忠男
1976年カンヌ映画祭のレポート
田山力哉
ミッドウェイ
棟方志功の世界 彫る
400 B 600
キネマ旬報 1976年 7月上旬
夏の特別号 No.686
スタンリー・キューブリックの技術と思想
をめぐっての「バリー・リンドン」分析
岡崎宏三 荻昌弘
ロバート・ワイズ監督
「ヒンデンブルグ」を語る
黒井和男 原田真人 白井佳夫
1976年カンヌ映画祭レポート2

ヴィスコンティ・ロージ・
ベルトリッチ 田山力哉
バリー・リンドン
浪人街 美しき獲物
500 C 600
キネマ旬報 1976年 7月下旬号
No.687
ニューヨーク/ニコラス・レイ監督
との出会い 金坂健二
カンヌ映画祭「愛のコリーダ」
ツアー始末 小藤田千栄子
カンヌ映画祭レポート3

若いアメリカ映画のなまなましい衝撃
田山力哉
候補者ビル・マッケイ
男はつらいよ
寅次郎夕焼け小焼け
400 B 800
キネマ旬報 1976年 8月上旬号
No.688
三島文学の鮮烈なイメージの
世界の移植 田中美代子
いざ生きめやも十七歳の青春
山根貞男
カンヌ映画祭レポート・最終回

各国主催の野外パーティと
盛況の閉会式 田山力哉
大統領の陰謀
午後の曳航
風立ちぬ
400 B 800
キネマ旬報 1976年 9月上旬号
No.690
「リップ・スティック」/現代アメリカ
社会の断層と<レイプ>をめぐって
河野基比古 南俊子 平尾圭吾
黒井和男 司会・吉田成巳

現代日本映画
パリ・シンポジウム報告
西村雄一郎
ベルリン映画祭「愛のコリーダ」
差し押え事件! ユミ・ゴヴァース
リップスティック
ミズーリ・ブレイク
400 C 600
キネマ旬報 1976年 9月下旬号
No.691
「オーメン」不吉な前兆につつまれた
現代の黙示録的怪奇映画
紀田順一郎 佐藤肇 楳図かずお
桂千穂 司会・酒井良雄

「タクシー・ドライバー」と恐怖の街
関口英男
オーメン
タクシー・ドライバー
400 C 600
キネマ旬報 1976年 10月上旬
秋の特別号 No.692
「愛のコリーダ」
特集
 官製ワイセツ感を払拭する
歴史的作品 南博
特集2
 パゾリーニ・大島渚・
「愛のコリーダ」 白井佳夫
特集3
 再び日本で<阿部定事件>を…
アナトール・ドーマン
特集4
 分析研究「愛のコリーダ」とは
いったいどんな映画か 河原畑寧
犬神家の一族 500 B 700
キネマ旬報 1976年 10月下旬号
No.693
女性には<旅心>を誘う
ラプノーの「うず潮」 南部圭之助
熱気あふれる「青春の殺人者」
伊豆・下田ロケ訪問 中島丈博
実録・第一回湯布院映画祭報告
田井肇
うず潮 青春の殺人者
ロイドの用心無用
400 B 800
キネマ旬報 1976年 11月上旬号
No.694
「がんばれ!ベアーズ」は子供の世界を
描いた大人のためのメルヘンなのだ…
山藤章二 前田陽一 松井猛 黒井和男
「浪人街・ぎんぎら決闘録」活字化
にあたって 白井佳夫
エイゼンシュテインについての
新事実の発見 山田和夫
がんばれ!ベアーズ
浪人街・ぎんぎら決闘録
400 B 700
キネマ旬報 1976年 11月下旬号
No.695
「名犬ウォン・トン・トン」の
撮影所覗きの楽しさ 児玉数夫
「河内のオッサンの唄」をつくった
三人のオッサンの裏ばなし
川谷拓三 高田純 関本郁夫
名犬ウォン・トン・トン
河内のオッサンの唄
浪人街・天明餓鬼草紙(上)
500 B 800
キネマ旬報 1976年 12月上旬号
No.696
「カランドラ・クロス」作品研究
「カランドラ・クロス」の秘密と
わが映画遍歴 ジョルジ・パン・コスマトス
「フェリーニの道化師」サーカスの
挑発する空間 山口昌男
カサンドラ・クロス
フェリーニの 道化師
浪人街・天明餓鬼草紙(後半1)
500 B 800
キネマ旬報 1976年 12月下旬号
No.697
ジョゼ・ジョヴァンニとアランドロン
田山力哉
ジョルジュ・ドゥルリュー「ブーメラン
のように」と映画音楽の秘密を語る
ユミ・ゴヴァース 西村雄一郎
「ラストコンサート」の主演女優パメラ
・ビロレージ会見記 南俊子
黒メガネのアメリカ映画旅行
右往左往記 岡本喜八
ブーメランのように
ラストコンサート
浪人街・天明餓鬼草紙(後半2)
500 B 800
キネマ旬報 1977年 1月上旬
新年特別号 No.699
「やくざ戦争・日本の首領」ルポ 中邑宗雄
女性映画作家フェスティバルに参加した
九人の女性作家たち 岡部道男
かわしま・ゆうぞう考
藤本義一 小沢昭一
サイレント・ムービー
男はつらいよ
寅次郎純情詩集
600 B 800
キネマ旬報 1977年 2月上旬号
No.701
日活ロマン・ポルノ6年目の
新たな胎動をめぐる
神代辰巳 田中登 加藤彰
山本晋也 結城良煕

鎖国の至福、ロマン・ポルノ的なる
ものをめぐって 大和屋竺
ザッツ・エンタテイメント
PART2 大久保賢一
ブルーサマー・ブルース
正木典子
瓦師物語 浜口孝子
発禁本・美人乱舞より

責める いど・あきお
500 B 700
キネマ旬報 1977年 2月下旬
決算特別号 No.702
1976年度ベスト・テン発表
日本映画年間公開作品一覧表
外国映画年間公開作品一覧表
TVムービー年間公開作品一覧表
劇場未公開映画TV放映一覧表
キネマ旬報年間掲載記事総索引
700 B 2000
キネマ旬報 1977年 3月上旬号
No.703
師弟コンビでアクション映画を作りたい
渡哲也 舛田利雄 西脇英夫
現代アメリカ映画における
シオニズム 金坂健二
パニック・イン・スタジアム
華麗な関係
500 B 700
キネマ旬報 1977年 3月下旬号
No.704
「マラソンマン」成人することの
苦痛と収穫 金坂健二
「悪魔の手毬唄」セット訪問記
桂千穂
1976年度キネマ旬報ベスト・テン
表彰式報告 寺脇研
マラソンマン
悪魔の手毬唄
500 C 品切れ
キネマ旬報 1977年 4月上旬
春の特別号 No.705
娯楽映画の無邪気な楽しさを乗せて
「大陸横断超特急」が突っ走る!
双葉十三郎 斎藤忠直 渡辺武信
小藤田千栄子 司会・吉田成己

「野球狂の詩」ロケ訪問記
「ロッキー」特集
@
「ロッキー」はアメリカの現在
に過ぎない 中田耕治
A
「やさしさ」の時代の新しいタイプ
の若者像 川本三郎
B
アメリカ神話の変遷と時代に
見合った表現 上野昂志
大陸横断超特急
野球狂の詩 ロッキー
600 B 700
キネマ旬報 1977年 4月下旬号
No.706
「友よ静かに死ね」
愛と信頼で結ばれた心優しき
アウトローたちの挽歌
宇部亜喜良 南俊子 山口紘子
司会・植草信和

フランス映画はどこへ行く
田山力哉 渡辺淳 河野基比古
友よ静かに死ね 500 B 700
キネマ旬報 1977年 5月上旬号
No.707
「合衆国最後の日」
アメリカの政治状況を撃つ
アルドリッチ監督のメッセージ
常盤新平 西村京太郎 川本三郎
司会・植草信和

76年度アカデミー賞授賞式ルポ
原田真人
追悼 田中絹代 その人と作品
合衆国最後の日 500 B 700
キネマ旬報 1977年 5月下旬号
No.708
「サスペリア」映像と音響による
恐怖の極限への挑戦
萩尾肇都 栗田朝子 森直美 中野昌栄
追悼 城戸四郎
田中純一郎 五所平之助 川喜多長政
岡田茂 栗島すみ子
サスペリア
白い家の少女
500 C 600
キネマ旬報 1977年 6月上旬号
No.709
「犬神の悪霊」
伊藤俊也へのインタビュー

日常性をぎりぎり超えたところで
幻想的なものと性的なものの”姦通”を
川本三郎
「タンタクルズ」

美しい海底を舞台にした
アドベンチャー映画 福岡翼
犬神の悪霊
タンタクルズ
500 B 品切れ
キネマ旬報 1977年 6月下旬号
No.710
「遠すぎた橋」
製作者生命を賭したジョセフ・E・
レビンの反戦映画 植草信和
1977年度カンヌ映画祭報告T
田山力哉
遠すぎた橋
HOUSE・ハウス
500 B 品切れ
キネマ旬報 1977年 7月上旬
夏の特別号 No.712
スリルとサスペンスを乗せて
「ブラック・サンデー」がやってきた
池波正太郎 望月三起也
宇田川幸洋 司会・植草信和

ワイセツ裁判の新たなる
地平を拓くために
林宗宏 神代辰巳 斎藤正治
1977年度カンヌ映画祭報告U
田山力哉
ブラック・サンデー
ウディ・ガスリー
わが心のふるさと
600 B 700
キネマ旬報 1977年 7月下旬号
No.713
「ブルークリスマス」と倉本聰の世界
喜多村壽信 石上三登志 川本三郎
1977年度カンヌ映画祭V
田山力哉
ジェット・ローラー
・コースター
ブルークリスマス
500 B 品切れ
キネマ旬報 1977年 8月上旬号
No.714
レニ・リーフェンシュタール75歳
愛され、追われ、そして、いま- 小野憲次
1977年度カンヌ映画祭報告(終)
田山力哉
1977年(1〜6月)日本・外国映画封切表
泥だらけの純情 500 B 800
キネマ旬報 1977年 8月号
No.715
「愛のファミリー」特集
1
愛と希望を満載したサンリオの今後を
語る 辻信太郎氏に聞く 黒井和男
2
アメリカ自主映画界の雄
ジョン・コーティ 柴田京子
3
生きていることがどんなことか
を見せたい ジョン・コーティ
小沼勝映画の官能性をめぐって
山根貞男
愛のファミリー
男はつらいよ
寅次郎と殿様
少女地獄
500 B 800
キネマ旬報 1977年 9月上旬号
No.716
「獄門島」特集
1
「獄門島」は愛と孤独のドラマだ
市川崑監督へのインタビュー
押川義行
2
金田一耕助シリーズをふりかえって
日高真也
「世界が燃えつきる日」特集
1
スタジオ撮影見聞記 水野晴郎
2
テレビでは絶対に味わえない経験を
河野基比古
獄門島
世界が燃えつきる日
500 B 800
キネマ旬報 1977年 10月上旬
秋の特別号 No.718
出会いによって生まれたドラマ
「人間の証明」のすべて
佐藤純称 姫田真左久 角川春樹 黒井和男
絵画のなかにゆらめく
ビリティスの心
一色一成 宇野亜喜良 渡辺祥子
エルヴィス・プレスリー追悼
堤夏彦 福岡翼
人間の証明
カー・ウォッシュ
ビリティス
600 B 800
キネマ旬報 1977年 10月下旬号
No.719
チャップリン/このなまなましい
執念を持つ男 林冬子
チャップリンは私のヒーローだ
バート・シュナイダーへのインタビュー
原田真人
放浪紳士チャーリー
トランザムク7000
500 B 800
キネマ旬報 1977年 11月上旬号
No.720
愛とロマンをのせてスパック・ロマン
「オルカ」がやってきた
小森和子 中野修三 吉田真由美
土橋紀子 司会・植草信和

「未知との遭遇」はドラマチックな
アドベンチャー・ストーリーだ
スティーヴン・スピルバークへのインタビュー
原田真一
オルカ
スラップ・ショット
500 B 700
キネマ旬報 1977年 11月下旬号
No.721
「自由の幻想」特集
1
完全に自由な映画による
ブルジョワ批判 清水千代太
2
子供部屋のブニュエル 種村季弘
カプリコン・1
がんばれ!ベアーズ 特訓中
自由の幻想
500 B 1000
キネマ旬報 1977年 12月上旬号
No.723
私たちが愛した「007」を総括する
さいとうたかお 井上一夫 田中光二
品田雄吉 司会・植草信和

「ジョーイ」ルー・アントニオ監督の
たくまざる演出集 淀川長治
「瞳の中の訪問者」撮影ルポと
大林宣彦監督作品研究
007/私を愛したスパイ
ジョーイ
500 B 700
キネマ旬報 1977年 12月下旬号
No.724
「北村透谷・わが冬の歌」特集
1
「北村透谷・わが冬の歌」が描く透谷
の死と真実 菅孝行 松田政男
2
透谷の後景 松本健一
3
インタビュー・山口清一郎 酒井良雄
ガントレット
北村透谷 わが冬の歌
500 B 1000
キネマ旬報 1978年 1月上旬
新年特別号 No.725
「柳生一族の陰謀」に賭ける東映京都
の情熱
高岩淡氏に聞く 黒井和男
映画「男はつらいよ」の源流 佐藤忠男
「愛の亡霊」撮影ルポ

「愛の亡霊」は全女性に捧げるバカな
男たちの恋歌だ 南俊子
追悼 豊田四郎監督
飯島正 佐藤一郎
柳生一族の陰謀
男はつらいよ
寅次郎頑張れ!
600 B 1000
キネマ旬報 1978年 1月下旬
正月特別号 No.726
「スターウォーズ」には娯楽映画の
娯しさのすべてがある
筈見有弘 石上三登志
未来の映画をひらいてゆくのは
新人の才能だ 新藤兼人
1977年度芸術祭TVドキュメンタリー
和田矩衛
第三回城戸賞・入選作シナリオ
夏の栄光
オレンジロード・エクスプレス
500 B 700
キネマ旬報 1978年 2月上旬号
No.727
我らが名探偵・金田一耕助
について語ろう!
市川崑 日高真也 双葉十三郎
「イーハトーブの赤い屋根」
スタッフ座談会
追悼 チャールズ・チャップリン
増淵健
追悼 関川秀雄 伊藤武郎
追悼 進藤英太郎 滝澤一
女王蜂
真夜中の向う側
マッカーサー
500 B 700
キネマ旬報 1978年 2月下旬
決算特別号 No.728
1977年度ベスト・テン発表
ベスト・テン発表特別グラビア
1977年度内外映画総決算
日本映画年間公開作品一覧表
外国映画年間公開作品一覧表
TVムービー年間放映作品一覧表
劇場未公開映画TV放映一覧表
キネマ旬報年間掲載記事総索引
700 B 2000
キネマ旬報 1978年 6月上旬号
No.736
サタデー・ナイト
土曜の夜 ディスコを覆う
フィーバー 若者たちの熱気
エモリ・AI 河野基比古 渡辺祥子
司会・原田雅昭
「お吟さま」特集スタッフ座談会

戦国時代を自由闊達に生きた
人間像を求めて
依田義賢 熊井啓 松本常保 木村威矢
林美一 田山力哉 司会・植草信和
サタデー・ナイト
・フィーバー
お吟さま
500 B 800
キネマ旬報 1978年 6月下旬号
No.737
「コンボイ」 ケイティ・ヘイバーにペキンパー
映画の魅力について聞く 金坂健二
「愛の地獄」
 ”対立”を描き続ける作家
アンドレ・カイヤット 品田雄吉
1978カンヌ映画祭速報 田山力哉
コンボイ 愛の地獄 500 B 700
キネマ旬報 1978年 8月下旬号
No.741
漫画の世界から映画の世界へ
-空間を超えて火の鳥が翔ぶ
手塚治虫 市川崑 谷川俊太郎 市川喜一
司会・原田雅昭

「ザ・ドライバー」大都会に生きる
プロフェッショナルの孤独な闘争
「高校大パニック」
プロの技術とアマの情熱がジョイント
した映画作りの可能性 八森稔
火の鳥
ザ・ドライバー
高校大パニック
500 B 800
キネマ旬報 1978年 9月下旬号
No.743
「愛の亡霊」 男と女と亡霊が
織りなす愛の輪舞
田島令子 吉川美代子 川島のぶ子 吉見佑子
司会・橋本光恵

カンヌ映画祭の「愛の亡霊」と
大島渚監督 志麻麗子
愛の亡霊 コーマ
さらば宇宙戦艦ヤマト(後半)
500 B 1000
キネマ旬報 1978年 10月上旬
秋の特別号 No.744
「野性の証明」
来たるべき独立プロ時代のための戦い
角川春樹 黒井和男
「グッバイガール」
 大都会ニューヨークで
自由に生きる男女の心のふれあい
井手俊郎 杉浦直樹 野沢那智 万里村ゆき子
「鬼畜」撮影ルポ 八森稔
野性の証明
グッバイガール
600 B 800
キネマ旬報 1978年 11月上旬号
No.747
「ジョーズ2」 より攻撃的になって
帰って来た殺人ザメ 河野基比古
「赤穂城断絶」
 現代に<忠臣蔵>を
甦らせた4人の男たち
日下部五朗 高田宏治 深作欣二 萬屋錦之介
ジョーズ2
赤穂城断絶
500 B 700
キネマ旬報 1978年 11月下旬号
No.748
「ナイル殺人事件」 ナイルに流れる
クリスティのロマン、そしてミステリー
西村京太郎 各務三郎 東岡晶子 渡辺祥子
「家族の肖像」

家族への愛憎と孤独の肖像
淀川長治
「家族の肖像」製作余話 大條成昭
ナイル殺人事件 500 B 品切れ
キネマ旬報 1978年 12月上旬号
No.749
「グリース」にはカーニバルのような
映画の楽しさがいっぱい
朝妻一郎 岡田敬二
小藤田千栄子 堀江美都子

松田優作 遅れて来たB級
映画のヒーロー 高平哲郎

舘ひろし クールに男っぽく
燃えている奴 いぬいみずえ

長谷部安春 悪条件の中を
快走する監督 山根貞男
グリース 殺人遊戯
皮ジャン反抗族
500 B 700
キネマ旬報 1978年 12月下旬号
No.750
「シャレード'79」 新しいスターの誕生
とニューヨーク・ファッション
大橋照子 矢の澄生 山田裕紀子 渡辺祥子
「燃える秋」
 小林正樹 インタビュー
自由に生きる女性像を 八森稔
真野響子 インタビュー
亜季は私の理想の女性です 福岡翼
シャレード'79
燃える秋
500 B 品切れ
キネマ旬報 1979年 1月上旬
新特別号 No.751
「グローイング・アップ」
ロックンロールの快適なリズムに
のって俺たちの映画がやってきた
井上堯之 亀渕昭信 舘ひろし
司会・植草信和

歴代マドンナから寅さんへのラブレター
新珠三千代 長山藍子 榊原るみ 若尾文子
池内淳子 吉永小百合 八千草薫 浅丘ルリ子
樫山文枝 十朱幸代 太地喜和子 藤村志保
大竹しのぶ 木の実ナナ
グローイング・アップ
歌う女・歌わない女
男はつらいよ
噂の寅次郎
600 B 1000
キネマ旬報 1979年 1月下旬
正月特別号 No.752
「悪魔が来りて笛を吹く」
斎藤光正監督に聞く
神秘と謎に包まれた映画に7年ぶりに挑む
酒井良雄
「天国から来たチャンピオン」

天国行きに直行便はない
小野耕世
アラン・ロブ=グリエ
映画創造のすべてを語る 西村雄一郎
悪魔が来りて笛を吹く
天国から来たチャンピオン
500 B 800
キネマ旬報 1979年 2月上旬号
No.753
「オーメン2 ダミアン」の総合的研究
三浦憲
「イノセント」
 豪華な美術・装置を駆使した
華麗なる映像美 朝倉摂
オーメン2 ダミアン
イノセント 第4回城戸賞
・準入選シナリオ

もっとしなやかに
もっとしたたかに
500 B 700
キネマ旬報 1979年 3月上旬号
No.755
ブリンクス事件と裏街道に生きた
男たちの心意気
池波正太郎 河野基比古 小鷹信光
「俺たちの交響楽」

青春の燃える思いを歌声に託して
朝間義隆 武田鉄矢
ブリンクス
くるみ割り人形
俺たちの交響楽
500 B 700
キネマ旬報 1979年 4月上旬
春の特別号 No.757
「白昼の死角」
今、甦える我らがヒーローに
ついて語ろう 高木彬光 村川透
「アニマルハウス」
 60年代ノスタルジー
を笑い飛ばす痛快な喜劇
望月三起也 枝川公一 斧賢一郎 金坂健二
第15回アカデミー賞
全ノミネーション 北島明弘
白昼の死角
アニマルハウス
600 B 800
キネマ旬報 1979年 4月下旬号
No.758
ストーリー「エーゲ海に捧ぐ」
監修 南俊子
目の前には白いキャンバスしかなかった
池田満寿夫
二人で、ヒッチコック映画の魅力を語ろう
小林信彦 和田誠
500 B 800
キネマ旬報 1979年 5月下旬号
No.761
「病院坂の首縊りの家」
市川=石坂コンビによる
”金田一シリーズ”を支えた人たち
草笛光子 加藤武 大滝秀治 小林昭二
三木のり平 結髪さんと宣伝さん

第51回アカデミー賞授賞式評報
華やかさを欠くオスカー・ナイト
三浦憲
病院坂の首縊りの家
アイス・キャッスル
500 B 1000
キネマ旬報 1979年 6月上旬号
No.762
監督山本薩夫の軌跡と
「あゝ野麦峠」への期待 大黒東洋士
”地獄”より恐ろしさと親しみをこめて
神代辰巳
「神様のくれた赤ん坊」撮影日誌
前田陽一
あゝ野麦峠
地獄
500 B 品切れ
キネマ旬報 1979年 6月下旬号
No.763
「リトル・ロマンス」
一貫して知的でバランスのとれた感性
渡辺祥子
「プロビデンス」
 アラン・レネが描く
感情のアラベスク 嵯峨奈津夫
「復讐するは我にあり」論
地獄に堕ちた人間を凝視する
今村昌平の透徹した眼 貞永方久
リトル・ロマンス 500 B 800
キネマ旬報 1979年 8月下旬号
No.767
「新・明日に向って撃て!」
西部劇への楽しい”夢”を
見せてくれる映画 石上三登志
「蘇える金狼」
 裡に秘めたる暗い夢を実現
する大藪作品とその映画群 桂千穂
新・明日に向って撃て!
蘇える金狼
男はつらいよ
翔んでる寅次郎
500 B 1000
キネマ旬報 1979年 10月上旬
秋の特別号 No.770
「ドラキュラ」 吸血鬼映画/
その変遷と系譜 平和孝
代表的ドラキュラ・スターたち
日野康一
「星のオルフェウス」の星雲のまわりで
やなせたかし
ノーマ・レイは神を見た 南博
「神様なぜ愛にも国境があるの」
撮影ルポ 田山力哉
ドラキュラ 600 B 1000
キネマ旬報 1979年 10月下旬号
No.771
「夜叉ケ池」 対談
辻村ジュサブロー 篠田正浩
正に宇宙的な泉鏡花の世界
「地獄の黙示録」特集
フランシス・コッポラ 黒井和男
アーサー・ナイト 金坂健二

「さよならミス・ワイコフ」特集
林冬子 田中千世子
「月山」特集
佐藤忠男 南俊子 池澤武重
夜叉ケ池 500 B 品切れ
キネマ旬報 1979年 11月下旬号
No.774
創刊60周年記念特別号 特別グラビア
日本映画史上ベスト・テン
キネマ旬報ベスト・テンと映画史
映画評論家・文化人が選んだ
日本映画史上ベスト・テン
マイ・ライフ
ワンダラーズ
600 B 2000


トップページへ戻る